ライフスタイルに合わせた雇用形態!

就職・転職・求人のピックアップサイト。。

    フリーターについて

    ここ十年ほど前から、フリーターという言葉が出てきた。

    フリーターとは、正規で雇用されている人以外で、特定の仕事に就かず、アルバイトを掛け持ちしたりしている人のことを言う。
    フリーターは、仕事が探しやすく、すぐに始められる点では良いが、健康保険組合には加入できなかったり、ボーナスがなかったり等と福利厚生の面では不十分だ。
    しかし、すぐに働くことができて、いつでも辞められるという気軽さが人気なのかもしれない。
    アルバイトでさえも、掛け持ちをして一定の所得がある場合には、所得税を支払う義務がある。
    また、その所得に応じて、市・県民税なども同じく支払の義務がある。
    こういった支払と、国民健康保険の加入手続きを自分自身でしなければならない。
    また、国民年金の支払い手続きも自分でしなければならないことから、支払いをしない人も多数いる。
    正社員など正規で雇用されている人は、やはり法律などでその立場を守られている。
    近年、リストラが増えている為、正社員であれば絶対大丈夫という保証もないが、簡単にくびを切ることができるアルバイトやパートという雇用形態の人よりは安全だ。
    こういった事を考えると、正規雇用でない場合は、将来の年金生活の時の不安も大きい上、最悪の場合、いつ首を切られるかもわからない、という懸念がある。
    しかし、最近の若者は、自分たちの時代になれば、年金はもらえない可能性も大きい為、今払った方が損と思う人も多いのかもしれない。

    注目度がUP中のアルバイト、こちらでチェックして下さい☆

        Copyright (C)2018ライフスタイルに合わせた雇用形態!.All rights reserved.